Amazonプライムなら対象の電子書籍が読み放題!

村上春樹長編小説全14冊をレビュー!あなたにおすすめの作品はこちら!

ウィスキーと本 日本文学

本記事では、小説家・村上春樹長編小説全14作品を紹介します。最後の「まとめ」では、読者のタイプ別におすすめの作品を分類しておきました。よかったら参考にしてください。

スポンサーリンク

『風の歌を聴け』

1970年の夏、海辺の街に帰省した<僕>は、友人の<鼠>とビールを飲み、介抱した女の子と親しくなって、退屈な時を送る。2人それぞれの愛の屈託をさりげなく受けとめてやるうちに、<僕>の夏はものうく、ほろ苦く過ぎさっていく。青春の一片を乾いた軽快なタッチで捉えた出色のデビュー作。群像新人賞受賞。

引用:Amazon「内容紹介」

村上春樹1作目の長編小説。「鼠三部作」の1作目。

「僕」「鼠」の18日間の物語。40の断片的な文章群から構成されている。伝統的な日本文学観を破壊して、物議を醸した作品。

スポンサーリンク

『1973年のピンボール』

さようなら、3(スリー)フリッパーのスペースシップ。さようなら、ジェイズ・バー。双子の姉妹との<僕>の日々。女の温もりに沈む<鼠>の渇き。やがて来る1つの季節の終り――デビュー作『風の歌を聴け』で爽やかに80年代の文学を拓いた旗手が、ほろ苦い青春を描く3部作のうち、大いなる予感に満ちた第2弾。

引用:Amazon「内容紹介」

村上春樹2作目の長編小説。「鼠三部作」の2作目。

大学卒業後、翻訳家として生計を立てていた「僕」は、スリーフリッパーのピンボール台「スペースシップ」を捜し求める。「僕」「鼠」の物語がパラレルに進行する。

特に、『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』は戦後世代の男性から支持を受けている。

スポンサーリンク

『羊をめぐる冒険』

「羊のことよ」と彼女は言った。「たくさんの羊と一頭の羊」「羊?」「そして冒険が始まるの」 故郷の街から姿を消した〈鼠〉から〈僕〉宛に、ある日突然手紙が届く。同封されていた一枚の写真が、冒険の始まりだった。『1973年のピンボール』から5年後、20代の最後に〈僕〉と〈鼠〉がたどり着いた場所は――。野間文芸新人賞受賞の「初期三部作」第三作。

引用:Amazon「内容紹介」

村上春樹3作目の長編小説。「鼠三部作」の3作目。

広告代理店に勤めている「僕」は右翼の大物から脅迫を受けて、星型の斑紋のある羊を探すために冒険に出る。

『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』と比べて、ダイナミックな物語で、起伏があり、ストーリーとして楽しむことができる。

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』

高い壁に囲まれ、外界との接触がまるでない街で、そこに住む一角獣たちの頭骨から夢を読んで暮らす〈僕〉の物語、〔世界の終り〕。老科学者により意識の核に或る思考回路を組み込まれた〈私〉が、その回路に隠された秘密を巡って活躍する〔ハードボイルド・ワンダーランド〕。静寂な幻想世界と波瀾万丈の冒険活劇の二つの物語が同時進行して織りなす、村上春樹の不思議の国。

引用:Amazon「内容紹介」

村上春樹4作目の長編小説。村上春樹の代表作。

「ハードボイルド・ワンダーランド」「世界の終り」の章が交互に進行して、次第に、ひとつの物語に収斂していく。

実は、日本のサブカルチャーに重大な影響を与えた作品。影響を与えられた側は無自覚だけれども。

『ノルウェイの森』

暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機がハンブルク空港に着陸すると、天井のスピーカーから小さな音でビートルズの『ノルウェイの森』が流れ出した。僕は1969年、もうすぐ20歳になろうとする秋のできごとを思い出し、激しく混乱し、動揺していた。限りない喪失と再生を描き新境地を拓いた長編小説。

引用:Amazon「内容紹介」

村上春樹5作目の長編小説。

「僕」と「直子」と「キズキ」の青春。「緑との出会い。

リアリズムの恋愛小説で、商業的に大成功を収めている。しかし、それゆえに、誤解が多く、『ノルウェイの森』を念頭に置いて村上春樹が一面的に語られることが多くなってしまった。

「性」と「死」の哀しい物語が、売上No1……

村上春樹支持者にとって、複雑な作品である。最初に読む村上春樹作品として、『ノルウェイの森』は避けてもいいかもしれない。

『ダンス・ダンス・ダンス』

村上春樹6作目の長編小説。

『羊をめぐる冒険』から4年、激しく雪の降りしきる札幌の町から「僕」の新しい冒険が始まる。羊男、美少女、そしていくつかの殺人――。渋谷の雑踏からホノルルのダウンタウンまで、「僕」は奇妙で複雑なダンス・ステップを踏みながら、暗く危険な運命の迷路をすり抜けていく。

引用:Amazon「内容紹介」

『ダンス・ダンス・ダンス』「鼠三部作」の続編。舞台は1980年代の高度資本主義社会。

村上春樹作品に一貫しているテーマとして、高度資本主義社会の中で我々はどのようにして生きていくことができるのか、というものがある。

ホテルで働く「ユミヨシさん」、芸能界で俳優として活躍する「五反田君」、親に置き去りにされた少女「ユキ」……死から逃れるために、僕たちは踊り続けなければならない。

高度資本主義社会に疑問を抱いているなら、ぜひ、読んでみてほしい。

『国境の南、太陽の西』

今の僕という存在に何らかの意味を見いだそうとするなら、僕は力の及ぶかぎりその作業を続けていかなくてはならないだろう――たぶん。「ジャズを流す上品なバー」を経営する、絵に描いたように幸せな僕の前にかつて好きだった女性が現われて――。日常に潜む不安をみずみずしく描く話題作、待望の文庫化。

引用:Amazon「内容紹介」

村上春樹7作目の長編小説。

主人公の「僕」は、暖かい家庭を築いて、ジャズ・バーの経営も順調。理想的な生活を送っている。しかし、ある日、子供の頃に「僕」にとって特別な存在だった女性「島本さん」が店を訪れる。「僕」は島本さんに引き寄せられ、死に近づいていく。

我々の生活は盤石としたものではなく、あるきっかけから、あっさりと崩れていくものなのかもしれない。

『ねじまき鳥クロニクル』

世界のねじを巻くのは誰か? 謎と探索の年代記。
「人が死ぬのって、素敵よね」彼女は僕のすぐ耳もとでしゃべっていたので、
その言葉はあたたかい湿った息と一緒に僕の体内にそっともぐりこんできた。
「どうして?」と僕は訊いた。娘はまるで封をするように僕の唇の上に指を一本置いた。
「質問はしないで」と彼女は言った。「それから目も開けないでね。わかった?」
僕は彼女の声と同じくらい小さくうなずいた。

引用:Amazon「内容紹介」

村上春樹8作目の長編小説。村上春樹の代表作。

ある日、謎の女から電話がかかってきて、「僕」の日常は崩れ去っていく。妻「クミコ」は失踪して、猫も行方不明になる。霊能者加納マルタ、ノモンハンで壮絶な体験をした「間宮中尉」、様々な人物と関わりながら、「僕」は自分自身の致命的な欠陥と向き合う。

村上春樹の有名な「井戸」の比喩が登場する作品。「暴力」がリアルに描かれていて、人間の中に潜む暴力性について考えさせられる。

『スプートニクの恋人』

22歳の春にすみれは生まれて初めて恋に落ちた。広大な平原をまっすぐ突き進む竜巻のような激しい恋だった。それは行く手のかたちあるものを残らずなぎ倒し、片端から空に巻き上げ、理不尽に引きちぎり、完膚なきまでに叩きつぶした。

引用:Amazon「内容紹介」

村上春樹9作目の長編小説。

小説家志望のすみれは、ワインの輸入、音楽関係のアレンジメントをしている女性ミュウの事務所で働くことになる。すみれはミュウに激しく恋をする。

ある日、ぼくのところにミュウから国際電話がかかり、「ぼく」はミュウとすみれが暮らしているギリシャの島を訪ねる。一体、すみれの身に何が起こったのか。

ミュウが見落としていたことは何か。人間は他者と繋がることによって、本当に救われるのか。切ないおはなしです。

『海辺のカフカ』

「君はこれから世界でいちばんタフな15歳の少年になる」――15歳の誕生日がやってきたとき、僕は家を出て遠くの知らない街に行き、小さな図書館の片隅で暮らすようになった。家を出るときに父の書斎から持ちだしたのは、現金だけじゃない。古いライター、折り畳み式のナイフ、ポケット・ライト、濃いスカイブルーのレヴォのサングラス。小さいころの姉と僕が二人並んでうつった写真……。

引用:Amazon「内容紹介」

村上春樹の10作目の長編小説。

村上春樹に珍しく、主人公は15歳の少年。カフカくんの物語、ナカタさんの物語が交互に進行する。

個人的に、最もおすすめしたい作品。私は14歳の時に『海辺のカフカ』に出会って、文学の道に進むことにした。一冊の本から自分の存在が根本的に覆される、という体験は後にも先にも『海辺のカフカ』だけでした。

『アフターダーク』

時計の針が深夜零時を指すほんの少し前、都会にあるファミレスで熱心に本を読んでいる女性がいた。フード付きパーカにブルージーンズという姿の彼女のもとに、ひとりの男性が近づいて声をかける。そして、同じ時刻、ある視線が、もう1人の若い女性をとらえる――。新しい小説世界に向かう、村上春樹の長編。

引用:Amazon「内容紹介」

村上春樹11作目の長編小説。

三人称形式と共に、「私たち」という一人称複数の視点から複数の場面を捉えるという実験的な視点の作品。

舞台は深夜の都会。

私は深夜のファミリーレストランの雰囲気が好きだから、よくわかるのだが、真夜中の都会は一種の異世界である。女性の読者は、主人公の真似をして夜中に外出することは控えてくださいね。怖いことに巻き込まれるかもしれないから。

『1Q84』

1Q84年―私はこの新しい世界をそのように呼ぶことにしよう。青豆はそう決めた。Qはquestion markのQだ。疑問を背負ったもの。彼女は歩きながら一人で肯いた。好もうが好むまいが、私は今この「1Q84年」に身を置いている。私の知っていた1984年はもうどこにも存在しない。…ヤナーチェックの『シンフォニエッタ』に導かれて、主人公・青豆と天吾の不思議な物語がはじまる。

引用:Amazon「内容紹介」

村上春樹12作目の長編小説。

『ねじまき鳥クロニクル』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』に匹敵する長編小説。

小説家志望の予備校講師「天吾」、暗殺者の裏の顔を持っているスポーツインストラクター青豆」は、「1Q84年の世界」に迷い込む。「さきがけ」という宗教団体を軸にして、二人は様々な事件に巻き込まれていく。

地下鉄サリン事件を取材したノンフィクション作品『アンダーグラウンド』を執筆したことが影響している。『アンダーグラウンド』の併読をおすすめする。

一応、『1984年』ジョージ・オーウェルを下敷きにしているけれども、予備知識は不要。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』

多崎つくる、鉄道の駅をつくるのが仕事。名古屋での高校時代、四人の男女の親友と完璧な調和を成す関係を結んでいたが、大学時代のある日突然、四人から絶縁を申し渡された。
何の理由も告げられずに――。
死の淵を一時さ迷い、漂うように生きてきたつくるは、新しい年上の恋人・沙羅に促され、あの時なにが起きたのか探り始めるのだった。全米第一位にも輝いたベストセラー!

引用:Amazon「内容紹介」

村上春樹13作目の長編小説。

村上春樹の異色作。過去の村上春樹作品とは作風が大分異なっている。登場人物の名前にはそれぞれ色の名前が含まれていて、現代社会の一般的な生活をしている。非常に珍しいことである。

難解な文学はよくわからないという方は『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』から読んでみてもいいかもしれない。

『騎士団長殺し』

その年の五月から翌年の初めにかけて、私は狭い谷間の入り口近くの、山の上に住んでいた。夏には谷の奥の方でひっきりなしに雨が降ったが、谷の外側はだいたい晴れていた……それは孤独で静謐な日々であるはずだった。騎士団長が顕(あらわ)れるまでは。

引用:Amazon「内容紹介」

村上春樹14作目の長編小説。

妻から離婚を言い渡され、「私」は友人の父親である日本画家「雨田具彦」のアトリエで暮らすことになる。「私」は屋根裏で騎士団長殺しという日本画を発見して、様々な不思議な出来事に遭遇する。

主人公の肖像画家という職業を活かして、芸術家の創作論を展開している。エッセイ『職業としての小説家』も併読したい。

『騎士団長殺し』の評価は固まっていないけれども、『ねじまき鳥クロニクル』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』に加えて、代表作として定着する可能性が高い。

まとめ

青春小説が読みたいなら

代表作をピックアップするなら

ベストセラーを押さえておきたいなら

静かな雰囲気の作品が好きなら

村上春樹の異色の作品を読みたいなら

孤独なティーン・エイジャーにおすすめ


村上春樹の短編小説の紹介は『村上春樹の短編小説集全13冊をレビュー!あなたにおすすめの作品はこちら!』をお読みください。

村上春樹の短編小説集全13冊をレビュー!あなたにおすすめの作品はこちら!
本記事では、小説家・村上春樹の短編小説集を紹介します(全13冊)。 『中国行きのスロウ・ボート』 リンク 青春の追憶と内なる魂の旅を描く表題作ほか6篇。著者初の短篇集。 引用:Amazon「内容紹介」 1983
タイトルとURLをコピーしました