» 文学作品の朗読を聴くならアマゾンのオーディオブック配信「Audible」

『ねじまき鳥クロニクル』村上春樹の朗読を聴くならオーディオブック「Audible」

ねじまき鳥クロニクル日本文学

Amazonのオーディオブック配信サービス「Audible」から、村上春樹作品のオーディオブック化プロジェクトが発表されました。2022年4月25日には『ねじまき鳥クロニクル』第1部泥棒かささぎ編が配信開始です。

本記事では、オーディオブック『ねじまき鳥クロニクル』の概要を解説しています。

» オーディオブック配信サービス「Audible」

『ねじまき鳥クロニクル』とは

ねじまき鳥クロニクル

『ねじまき鳥クロニクル』は村上春樹の長編小説。「第1部泥棒かささぎ編」、「第2部予言する鳥編」、「第3部鳥刺し男編」の3部構成になっています。

ある日、謎の女から電話がかかってきて、主人公「僕」の平穏な日常は崩れ去っていきます。妻「クミコ」は失踪、猫も行方不明に……。霊能者「加納マルタ」、ノモンハンで壮絶な体験をした「間宮中尉」、さまざまな人物と出会いながら「僕」は自分自身の致命的な欠陥と向き合います。

朗読は俳優「藤木直人」が担当

レコーディング

「Audible」から配信されているオーディオブックでは、俳優の藤木直人さんが朗読を担当しています。蜷川幸雄演出の舞台『海辺のカフカ』で図書館司書の大島役を演じた俳優です。

藤木直人さんは本格的な朗読は初挑戦であり、作品のレビューにも「ナレーション」の項目で滑舌の悪さが指摘されています。しかし、演技自体は悪くありません。声質も村上春樹作品の「僕」にマッチしていて、全体的にすばらしいオーディオブックになっていました。オーディオブックは自分のイメージと朗読のスタイルが異なっていることから、不自然に感じることがよくありますが、聴いているうちに慣れてくるものです。ぜひ、藤木直人の朗読で『ねじまき鳥クロニクル』の世界を楽しんでみてください。

村上春樹作品のオーディオブック化プロジェクト

「Audible」では、村上春樹10作品の配信が予定されています。

  • 『ねじまき鳥クロニクル』第1部泥棒かささぎ編:藤木直人 2022年4月25日配信
  • 『ねじまき鳥クロニクル』第2部予言する鳥編:藤木直人 2022年6月1日配信予定
  • 『ねじまき鳥クロニクル』第3部鳥刺し男編:藤木直人 2022年7月15日配信予定
  • 『騎士団長殺し』:高橋一生 2022年12月28日配信予定
  • 『海辺のカフカ』:木村佳乃 2022年11月30日配信予定
  • 『神の子どもたちはみな踊る』:仲野太賀 2022年7月15日配信予定
  • 『職業としての小説家』:小澤 征悦 2022年6月1日配信予定
  • 『東京奇譚集』:イッセー尾形 2022年7月15日配信予定

他には、「1Q84」「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」「螢・納屋を焼く・その他の短編」「辺境・近境」の制作が予定されています。

オーディオブックなら「Audible」

オーディオブック

「Audible(オーディブル)」とは、Amazonが提供しているオーディオブックの配信サービスです。本格派俳優から人気声優までプロのナレーターが朗読したオーディオブックをアプリで聴くことができます。月額1,500円で12万以上の対象作品が聴き放題。ビジネス書に語学、文学作品の朗読まで豊富なジャンルを扱っています。

家事をしながら、散歩をしながら、隙間時間を活用できるから読書量が爆発的に伸びますよ。新規登録の方は最初の30日間は無料体験で聴くことができます。ぜひ「Audible」でオーディオブックを体験してみてください。

» Audibleの解説記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました