Amazon Prime Readingなら対象のKindle本、マンガ、雑誌が読み放題! >>

Web NDL Authorities活用法 本の探し方

アイキャッチ画像 情報検索術

前回の記事では、国立国会図書館サーチの使い方を解説しました。

本記事では、「Web NDL Authorities」を活用して、「主題」から本を探す方法を解説します。具体的にどの本を探しているというわけではないが、あるテーマについて調べたいという場面で役立ちます。

スポンサーリンク

1. Web NDL Authorities とは?

 Web NDL Authoritiesは、国立国会図書館で作成し、維持管理する典拠データを一元的に検索・提供するサービスです。

引用:https://id.ndl.go.jp/auth/ndla

典拠データとは、資料を検索するときに入力する検索語をまとめたものです。

例えば、ジャック・ケルアックの小説 “On the Road” について調べる場合、日本語訳のタイトルは『路上』と『オン・ザ・ロード』の2つのパターンがあります。

日本語で検索するときには、どちらのタイトルを検索語として採用するべきでしょうか。「Web NDL Authorities」で調べることができます。

スポンサーリンク

2. 「Web NDL Authorities」の使い方

まず、以下のリンクから、「Web NDL Authorities」にアクセスしてください。
URL:https://id.ndl.go.jp/auth/ndla/

「キーワード検索」のタブを選択して、「オン・ザ・ロード」と入力。「検索」をクリック。

→「オン・ザ・ロード」の統一タイトル「路上」が表示されました。ジャック・ケルアックの “On the Road” は「路上」で検索するということがわかりました。

「路上」をクリックしてください。

画面右側の「件名検索」をクリック。国立国会図書館サーチの検索結果が表示されました。

スポンサーリンク

【まとめ】

1. 「Web NDL Authorities」で主題を入力。
2. 「件名(キーワード)」を特定する。
3. 「国立国会図書館サーチ」で検索。

具体例として、作品名を用いましたが、特定の主題について調べたい時に有効な方法です。国立国会図書館サーチの使い方は別記事で解説していますので、よかったら、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました