» ココナラで小説の添削サービスを提供しています!

二葉亭四迷

日本文学

二葉亭四迷の生涯・代表作【作家案内】

二葉亭四迷ふたばていしめい(1864年-1909年)は明治時代に活躍した日本の小説家です。本名は長谷川 辰之助はせがわ...
日本文学

二葉亭四迷 筆名の由来

父親から「くたばってしめえ!」と怒鳴られたことが「二葉亭四迷」という筆名の由来になりました、というのは有名なエピソードではありますが、実は、これは巷間の流説であり、二葉亭四迷自身が『予が半生の懺悔』という回想録の中で否定しています。
小説

『浮雲』二葉亭四迷 日本近代小説の夜明け

『浮雲うきぐも』は二葉亭四迷ふたばていしめいの長編小説。言文一致を採用した日本近代文学の出発点。二葉亭四迷は坪内逍遥の...
タイトルとURLをコピーしました