Amazon Prime なら対象の電子書籍が読み放題! >>
外国文学

『資本論』マルクス 第2篇 第4章「貨幣の資本への転化」第1節「資本の一般定式」

第4章では、「資本家」が登場します。最初に、第1章で学習した「W-G-W」という定式を取り上げて、「G-W-G」という循...
外国文学

『資本論』マルクス 第3章「貨幣または商品流通」第3節「貨幣」

第3節は、a. 貨幣退蔵 b. 支払手段 c. 世界貨幣 の3項に分かれています。順番に見ていきましょう。 a. ...
外国文学

『資本論』マルクス 第3章「貨幣または商品流通」第2節「流通手段」

第3章「貨幣または商品流通」第2節「流通手段」は、a、b、c の3つの項から成り立っています。順番に見ていきましょう。 ...
外国文学

『資本論』マルクス 第3章「貨幣または商品流通」第1節「価値の尺度」

第1章では、貨幣が商品の価値尺度して機能していることを学習しました。それでは、貨幣は何を基準にして商品の価値を測っている...
外国文学

『資本論』マルクス 第2章「交換過程」

第2章の冒頭でマルクスは次のように述べています。 「われわれは、一般に、人々の経済的仮装は経済的諸関係の人格化にす...
外国文学

『資本論』マルクス 第1章「商品」part 3

『資本論』第1章第4節「商品の物神的性格とその秘密」 当節は短いため、簡単に済ませておきましょう。 商品の「...
外国文学

『資本論』マルクス 第1章「商品」part 2

『資本論』第1章第3節「価値形態または交換価値」 『資本論』第1章第3節では、貨幣が登場した理由について考えます。...
外国文学

『資本論』マルクス 第1章「商品」part 1

『資本論』の第1章「商品」の解説です。『資本論』を読むときに重要なことは、用語の意味を明確に区別する、ということです。原...
外国文学

構造主義 おすすめの参考書

本記事では、最低限押さえておきたい構造主義の代表的な思想家を紹介します。出版社は、可能な限り入手が容易なものを選んでいま...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました