Amazon新生活セール開催中!電子書籍端末「Kindle」がお買い得!【3月27日 - 3月30日】

戯曲

外国文学

『アテネのタイモン』シェイクスピア あらすじ&感想

『アテネのタイモン』はシェイクスピアの悲劇。アテネの貴族タイモンは大盤振る舞いで客をもてなし、贈り物...
外国文学

『コリオレーナス』シェイクスピア あらすじ&感想

『コリオレーナス』はシェイクスピアの後期の悲劇作品。護民官シシニアス・ヴェリュータス、ジューニア...
外国文学

『尺には尺を』シェイクスピア あらすじ&感想

『尺には尺を』はシェイクスピアの喜劇。ウィーンの公爵ヴィンセンシオはウィーンを離れ、公爵代理を厳...
外国文学

『終わりよければすべてよし』シェイクスピア あらすじ&感想

『終わりよければすべてよし』はシェイクスピアの戯曲。舞台はフランス。医者の娘ヘレナは、ロシリオン伯爵...
外国文学

『トロイラスとクレシダ』シェイクスピア あらすじ&感想

『トロイラスとクレシダ』はシェイクスピアの戯曲。舞台はトロイ戦争。トロイの王子トロイラス...
外国文学

『恋の骨折り損』シェイクスピア【あらすじ】

『恋の骨折り損』はシェイクスピアの喜劇作品。ナヴァール王ファーディナンド、貴族ビローン、ロンガヴィ...
外国文学

『間違いの喜劇』シェイクスピア あらすじ&感想

『間違いの喜劇』はシェイクスピアの初期の喜劇作品。幼少の頃、生き別れになった双子の兄弟ア...
外国文学

『タイタス・アンドロニカス』シェイクスピア あらすじ&感想

『タイタス・アンドロニカス』はシェイクスピアの戯曲の中では、暴力性、残忍性という点で異質な作品である...
外国文学

『ゴドーを待ちながら』ベケット あらすじ&感想

『ゴドーを待ちながら』は、サミュエル・ベケットの戯曲。不条理演劇の代表作。基本的に、エストラゴン(ゴ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました