Amazonの「Prime Reading」なら対象の電子書籍が読み放題! >>

書評

小説

『連環記』幸田露伴 平安時代の僧侶たち【あらすじ】【登場人物】【レビュー】

『連環記れんかんき』は明治時代の小説家・幸田露伴こうだろはんの小説。平安時代の高僧たちの事跡を環状に配列しながら描写し...
小説

『運命』幸田露伴 建文帝出亡伝説のロマン【登場人物】【あらすじ】【歴史的背景】

『運命うんめい』は明治時代の小説家・幸田露伴こうだろはんの歴史小説。明の皇帝・建文帝の出亡伝説を題材にした文語体の作品...
小説

『風流仏』幸田露伴 愛のアウフヘーベン

『風流仏ふうりゅうぶつ』は明治時代の小説家幸田露伴こうだろはんの小説。明治二十二年刊行。 本記事では『風流仏』の...
小説

『当世書生気質』坪内逍遥 明治時代の書生たち【登場人物】【あらすじ】

『当世書生気質とうせいしょせいかたぎ』は明治時代の小説家坪内逍遥つぼうちしょうようの小説。1885-86年(明治18-...
外国文学

『熊を放つ』ジョン・アーヴィング 村上春樹訳 暫定的な時代に暫定的な年齢を送っているということ

『熊を放つ』(原題:Setting Free the Bears )はアメリカ合衆国の小説家ジョン・アーヴィングの長編...
外国文学

『てんとう虫』D・H・ローレンス 神話的イメージの交錯

『てんとう虫』(The Ladybird)は、イギリスの作家D・H・ローレンスの中編小説(1928年発表)。本記事では...
日本文学

『独り歌へる』若山牧水を鑑賞する

『独り歌へる』は明治四十三年一月に名古屋の八乙女やおとめ会から発行された若山牧水の第二歌集。明治四十一年四月から四十二年...

『決定版 短歌入門』角川短歌ライブラリー【概要】

『決定版 短歌入門』秋葉四郎、岡井隆、佐佐木幸綱、馬場あき子監修、『短歌』編集部編(角川学芸出版、2012年)の要点を整...
日本文学

若山牧水『海の声』旅と酒を愛した歌人

『海の声』は明治四十一年七月に若山牧水が自費出版で刊行した処女歌集である。明治三十九~四十一年の三年間の四百七十五首が収...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました