Amazon Prime なら対象の電子書籍が読み放題! >>

管理人

外国文学

『終わりよければすべてよし』シェイクスピア あらすじ&感想

『終わりよければすべてよし』はシェイクスピアの戯曲。舞台はフランス。医者の娘ヘレナは、ロシリオン伯爵バートラムに身分違い...
外国文学

『トロイラスとクレシダ』シェイクスピア あらすじ&感想

『トロイラスとクレシダ』はシェイクスピアの戯曲。舞台はトロイ戦争。トロイの王子トロイラスと神官の娘クレシダの...
外国文学

『恋の骨折り損』シェイクスピア【あらすじ】

『恋の骨折り損』はシェイクスピアの喜劇作品。ナヴァール王ファーディナンド、貴族ビローン、ロンガヴィル、デュメーンは、「...
外国文学

『間違いの喜劇』シェイクスピア あらすじ&感想

『間違いの喜劇』はシェイクスピアの初期の喜劇作品。幼少の頃、生き別れになった双子の兄弟アンティフォラスと、双...
外国文学

『タイタス・アンドロニカス』シェイクスピア あらすじ&感想

『タイタス・アンドロニカス』はシェイクスピアの戯曲の中では、暴力性、残忍性という点で異質な作品である。あまりにも、残酷な...
外国文学

『ゴドーを待ちながら』ベケット あらすじ&感想

『ゴドーを待ちながら』は、サミュエル・ベケットの戯曲。不条理演劇の代表作。基本的に、エストラゴン(ゴゴ)とヴラジーミル(...
外国文学

『百年の孤独』G・ガルシア・マルケス あらすじ&感想

本記事では、ラテンアメリカ文学ブームの概要、『百年の孤独』G・ガルシア・マルケスのあらすじ、感想を述べ、最後にコロンビア...
外国文学

『嘔吐』サルトル あらすじ&感想

『嘔吐』(原題:La Nausée)は、フランスのジャン=ポール・サルトルの小説。実存主義の哲学が表現されており、哲学書...
日本文学

『みみずくは黄昏に飛びたつ』川上未映子・村上春樹 感想

川上未映子の村上春樹独占インタビュー。帯に大文字で「『騎士団長殺し』誕生秘話」とあるけれども、『騎士団長殺し』の...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました